豚のレバーは加熱しろ(★★★★☆)

豚のレバーは加熱しろ (電撃文庫)
■あらすじ
豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。ブヒッ!かわいい!豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の…。「あの、心の声が聞こえていますが…」まずい!欲望がだだ漏れだ!「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」え、ちょっ…!?まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う~ん、豚でいるのも悪くないな?これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険…のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?第26回電撃小説大賞“金賞”受賞作!

■感想
タイトルとのどかな表紙に反して内容はいたって真面目。迫害を受けるイェスマという種族である少女・ジェスを救うために豚に転生した主人公が奮闘する。ジェスが天使過ぎて眩しい…!ジェスは人の心が読めるので主人公の欲望もだだ漏れ、「括弧をつける部分以外、俺の思考は知らなかったことにしてくれ」が面白かった。理系の知識を駆使してジェスの為に戦う豚が男前、豚だけど!
イェスマである少女達が迫害を受けるようになった裏側にある隠された真実に憤りを感じる。要は取捨選択をしたのだろうけど、ブレースのようにボロボロになってしまった少女が殆どだと思うと…。最後の涙のお別れにはうるっときた、綺麗に纏まってると思ったけど2巻もあるそうです。

ゲーマーズ!DLC3(★★★★☆)

ゲーマーズ!DLC3 (ファンタジア文庫)
■あらすじ
最高のエンディングで迎えた大団円。だが『ゲーマーズ!』はまだ終わらない。ここからはやりこみ要素を楽しむ時間だ!例えばそれは、ありえたかもしれない分岐。もしもあの日、雨野が事故で交際を始めたのが天道花憐じゃなかったら。こじらせゲーマーヒロインたちが雨野の彼女になる個別IFルート!例えばそれは、エクストラボスとのバトル。あの、碧陽学園の伝説的生徒会と雨野達がついにエンカウント!?さらに、書き下ろしは本編と外伝の両方を攻略した猛者に送る特別エピローグ。「ゲーマーズ!」の真エンドはここに?青春錯綜系ラブコメ、クリア後専用ボーナスコンテンツ!

■感想
天道以外とのifルートを描いた短編集。アグリとの姉弟のような微笑ましい関係や千秋との初々しい甘酸っぱい関係も良かったけど、意外にもニーナルートが心にグッときた。景太の「ニィ」呼びにニヤニヤしつつ、「出会う信号が全て青のドライブだった~」という言葉が好きでした。コノハルートは相変わらずのコノハのセクハラとそれに対して突っ込む景太の会話が面白かった。乙女なコノハが見れて満足。
最後の話では霧夜も登場して景太との関係も修復出来たようで良かった。このifルートが千秋のシナリオだと思うと感慨深いです。千秋にも幸せになってほしい。ゲーム好き達による拗らせラブコメ楽しかったです。

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない(★★★★☆)

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)
■あらすじ
ある中学校である男女が恋人となり、イチャイチャして、些細なことですれ違い、ときめくことより苛立つことのほうが多くなって…卒業を機に別れた。そして高校入学を目前に二人は―伊理戸水斗と綾井結女は、思いがけない形で再会する。「僕が兄に決まってるだろ」「私が姉に決まってるでしょ?」親の再婚相手の連れ子が、別れたばかりの元恋人だった!?両親に気を遣った元カップルは、『異性と意識したら負け』という“きょうだいルール”を取り決めるが―お風呂上がりの遭遇に、二人っきりの登下校…あの頃の思い出と一つ屋根の下という状況から、どうしてもお互いを意識してしまい!?

■感想
元恋人同士が親の再婚により義兄妹になることに。お互いを意識しながら一つ屋根の下で一緒に暮らすとかたまらないシチュエーションじゃないですか!別れたといってもどちらも未練たっぷりで中学時代の付き合ってた頃の回想も含めて甘酸っぱい。下着の件とかデートとか普通のカップルと変わらんし、というか別れたのにキスしてるし…!
ストーカー気質の暁月と川波もなんか水斗たちと同じように裏がありそう、入院したとか問題が根深そうですが。最後は水斗と結女が付き合ってた頃のクリスマスの時の思い出で終了。今の溝がある関係と比べると少し切ない、でも互いを大切に思う気持ちはそのままだと思うので次回に期待します。

14歳とイラストレーター8(★★★★☆)

14歳とイラストレーター8 (MF文庫J)
■あらすじ
「せんせ…本気になってもいい?」海老名水織が、いきなり頬にキスをしてきた!勘違いでも冗談でもなく本当の本気の告白!?戸惑いつつもユウトの返答は…一方、ハラミはアニメの試写会へ。こぼした涙の理由は!?白砂はマリィとショッピング。楽しい時間のはずが、非常事態発生!イラストレーターを目指す乃ノ香だが、理想は遠く、現実は非情だった。ユウトとの、ゆるく曖昧な関係に終わりが訪れて…?希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常を大公開な、第8弾!

■感想
シリーズ8冊目。水織のユウトへの告白、ハラミが作画を担当しているアニメの試写会、乃ノ香のイラストレーターとしての悩みなど個人的に今回は特に充実した内容だった。新キャラ・蒼真の拘束陵辱大好き発言には驚きましたとも(笑)
ユウトが倒れた時にヒロイン達が駆けつけるのをみて本当に愛されてる奴だなと。周囲と自分を比べて自信をなくしてしまった乃ノ香、ユウトの助言によって再び立ち上がって前へと進んでいく。ユウトと乃ノ香がお互いの存在が必要不可欠だと認識し関係が深まったのに対して、ナスとの関係は停滞気味。ナスの反撃はあるのか、マリィや白砂でもいいよ!

恋に至る病(★★★★☆)

恋に至る病 (メディアワークス文庫)
■あらすじ
やがて150人以上の被害者を出し、日本中を震撼させる自殺教唆ゲーム『青い蝶』。その主催者は誰からも好かれる女子高生・寄河景だった。善良だったはずの彼女がいかにして化物へと姿を変えたのか―幼なじみの少年・宮嶺は、運命を狂わせた“最初の殺人”を回想し始める。「世界が君を赦さなくても、僕だけは君の味方だから」変わりゆく彼女に気づきながら、愛することをやめられなかった彼が辿り着く地獄とは?斜線堂有紀が、暴走する愛と連鎖する悲劇を描く衝撃作!

■感想
自殺教唆ゲーム「青い蝶」を作り上げた少女と彼女に恋した少年の行く末を辿っていく。読み手によって解釈が別れる作品、でもあとがきにある通りきちんと正解は本編に散りばめられているんだろうなと。実際の事件をモチーフにしているらしく景が行った心理操作がエグかった。絶対に関わりたくない。
最後まで景のヒーローであり続けた宮嶺の奮闘を思うとそこに愛はあったんだと思いたい。でも最後の消しゴムの描写で力尽きた。やっぱり一番共感できるキャラは入見さん、だってどうしたってこの人が言ってることが正論だもの。「景」というヒロインをどう解釈すべきか、凡人以下の私には難しかった。

不思議の国のハートの女王 世界の強制力で毒吐きまくり!? おかげで破滅ルートに入りそう……! (★★★★☆)

不思議の国のハートの女王 世界の強制力で毒吐きまくり!? おかげで破滅ルートに入りそう……!【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)
■あらすじ
国王夫妻の不在により、急遽女王の座に就くことになった私―エリノア。そのお披露目の場で「これよりは妾が貴様らの主となる。喜びに打ち震え、跪け!」って、前世でプレイしてた乙女ゲームの暴言ばかり吐く悪役女王になっちゃった!!ヒロイン・アリスが現れる前に、攻略対象の帽子屋を味方につけて処刑エンドを回避しようとするけれど…!?

■感想
不思議の国のアリスをモチーフにした乙女ゲームに悪役女王として転生してしまったエリノア、処刑エンドを回避すべく帽子屋と共に奮闘する。本来は優しい子なのに体がいうことをきかず暴言ばかり吐いて落ち込むエリノア、そのせいで周囲から色々と勘違いされていて応援したくなった。高飛車なキャラは結構好きなのでこれはこれで面白かったけど。
帽子屋・フェデリと共に問題を解決していく内に芽生える信頼関係、両片思いだと思うのでその後の2人もみてみたいな。本来は女性の筈のゲーム主人公が男なのがユニーク、しかも良い奴やん。処刑エンドは回避できたような気がするけど続きがあるなら読んでみたいです。

公女殿下の家庭教師5 雷狼の妹君と王国動乱(★★★★☆)

公女殿下の家庭教師5 雷狼の妹君と王国動乱 (富士見ファンタジア文庫)
■あらすじ
夏休みも後半戦へ。ジェラルド元王子による謀反の一件を受け、療養中のアレンは、「兄は妹を甘やかさないといけません!」―ベッタリなカレンと兄妹水入らずの時間を過ごしていた。一方、それぞれの実家へと帰省したティナたちもまた、アレンという家庭教師との出会いがもたらした日々を振り返りながら、残りの夏休みを家族団らんで満喫していた。しかし、そんな穏やかな日々は、すべて嵐の前の静けさだった―!?東都が戦火に包まれる時、無自覚規格外な教師が世界を救う魔法革命ファンタジー―王国動乱編の幕が上がる!

■感想
シリーズ5冊目。今回はカレンがメイン。前半はアレン達が兄妹水入らずでまったりしたり、他のヒロインズも実家でゆっくり過ごしているところを後半からいきなりシリアスな展開に。リディヤはアレンがいないと本当に弱くなるね、ステラは新キャラとフラグ立ってるけどアレン一筋で可愛らしい。
例え認めてもらえなくても仲間を助けるために死地へと行くアレンの背中が格好いい、これはヒロインズが惚れるわけだ。リチャードも良い男ですね。カレンもリディヤと同じくやっとアレンが肩を並べて一緒に戦えるパートナーだと認識したみたいなのでこれからの活躍に期待。大丈夫だとは思いますが皆無事で帰ってきてくれ。