ばけもの好む中将 八 恋する舞台(★★★★☆)

◼あらすじ
帝に舞を披露したことで注目され、突然「モテ期」が到来した宗孝。女房たちから何通もの恋文をもらうが、和歌が苦手で返事に悩む中、中将宣能は、筆跡から書き手の感情が読み解ける妹の初草に、文の鑑定をしてもらおうと言い出し……。一方、九の姉が振り付けた桜の舞で大成功をおさめた稲荷社の専女衆は、次の演目として「藤の舞」を計画していた。手伝いをすることになった宗孝だが……?

◼感想
シリーズ8冊目。前回帝に舞を披露したことから何通もの恋文を貰った宗孝、そんな宗孝の恋の可能性を潰していく宣能が面白い。宗孝に幼い恋心を抱く妹の為でもあるし、大事な友達が変な女に引っ掛からない為、そして宗孝と遊びたい自分の為なんだろうな(笑)父への反発が相変わらず強い宣能ですが、宗孝の言う通り父には父の考えがあって冷酷な訳ではないような気がします。
東宮のやんちゃっぷりは微笑ましい、はたして初恋は実るのか。今回も本当の怪異ではありませんでしたが、今までで一番もしかしたら…と思ってしまうような雰囲気でした。最後は宗孝と宣能の仲良く会話している場面で終了、ずっとこんな二人をみていたいな。

傀儡のマトリョーシカ Her Nesting Dolls (★★★★☆)

傀儡のマトリョーシカ Her Nesting Dolls (講談社ラノベ文庫)

傀儡のマトリョーシカ Her Nesting Dolls (講談社ラノベ文庫)

◼あらすじ
文芸部の阿喰有史はある使命を受け、友人(部員)を集めていた。勧誘対象の一人、雑賀更紗がいじめをうけているとの情報を得る。半ば強引に雑賀を入部させ、他の部員達の協力のもと、いじめの犯人を捕まえることに成功。だがその犯人はカースト上位の池泳の命令で雑賀への嫌がらせをしていたという。池永に会いに行くと、彼女もまた何者かに脅されていた。脅迫の連鎖はさらに続き、首謀者の影も見つけられない。そんな頃、文芸部員宛に「捜査を止めなければきみたちの秘密をバラす」という不審なメールが届く。脅迫するに足る秘密を、犯人はどう入手しているのか?そしてその脅迫に隠された真の目的とは!?事件の結末に驚愕する学園ライトミステリー!

◼感想
異彩を放っていた表紙が気になって購入。いじめを受けている生徒を助ける為に犯人探しを始める主人公の阿喰、犯人かと思われた人物も実は首謀者に脅されて操られていて…という展開が続いて次が気になって思わず一気読み。会話は独特のテンポがあるので好き嫌いが別れそう。犯人の好きな子に対する仕打ちが病んでいて引きました、そんなやり方で両想いになるわけないだろう。
主人公の阿喰が凄く個性的に描かれていて、人の顔の判別が難しい相貌失認であったり、他者や自分の中の感情に疎かったり。今まではそんな阿喰をお姉さんが支えていたのかな。でも決して冷酷な訳ではないので憎めないキャラ。これからは更紗とたくさん青春してほしい。

きみの世界に、青が鳴る(★★★★☆)

きみの世界に、青が鳴る (新潮文庫nex)

きみの世界に、青が鳴る (新潮文庫nex)

◼あらすじ
真辺由宇。その、まっすぐな瞳。まるで群青色の空に輝くピストルスターのような圧倒的な光。僕の信仰。この物語は、彼女に出会ったときから始まった。階段島での日々も。堀との思い出も。相原大地という少年を巡る出来事も。それが行き着く先は、僕と彼女の物語だ。だから今、選ばなければいけない。成長するとは、大人になるとは、何なのかを。心を穿つ青春ミステリ、堂々完結。

◼感想
シリーズ6冊目にして完結。大地を巡る問題はどう決着をつけるのか気になってましたが、最後まで希望を捨てずに最善を尽くした真辺の導き方が一番良かったのではないかと思います。自分勝手な印象が強かった安達も堀が話した猫のエピソードで印象が変わりました、彼女なりに堀を悲しませない為にとった行動だと思いたい。
堀もいいけどやっぱり七草の隣は真辺だとしっくりくる。だからこそ最後の展開で階段島にいる七草のこれからを考えると少し切なくなる、七草が少しでも幸せでいてくれると嬉しい。哲学的な雰囲気の言葉が多くて、もっとシンプルに考えてもいいんじゃない?と思うこともありましたがそれがこの物語の魅力の一つだったんだなと思います。お疲れ様でした。

妹さえいればいい。 (12)(★★★★☆)

◼あらすじ
主人公になることを諦め、淡々と機械のように小説を書き続ける羽島伊月。一方、可児那由多は小説を書くことをやめ、部屋に引きこもってひたすらゲームに没頭するようになってしまう。そんな二人を、不破春斗や白川京はどうにか立ち直らせようとするのだが…。主人公達が立ち止まっている間にも、時間は容赦なく流れ、世界は絶えず動き続ける。大野アシュリーや木曽撫子、羽島家にも大きな出来事が訪れて―。大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第12弾!!交錯する人間模様の行く先を、刮目して見届けよ!!

◼感想
シリーズ11冊目。立ち止まってしまった伊月と那由多が再び動き出す回、伊月の似非僧侶はともかく那由多のダメっぷりが最高潮でした。そんな彼女の様子を見て優しく接する京、しかし堕落した那由多に必要だったのは蚕みたいな厳しい一言だったわけで、きちんと復活した那由多が見れたのは嬉しかったです。蚕の株が急上昇しましたよ。
アシュリーさんおめでとうございます。千尋は刹那とのフラグがたってる…。一人の生命の誕生により羽島家が一つになり、その後に伊月と那由多がお互いの想いをぶつけ合う流れになったのが上手いなと思いました。終盤に向けて穏やかに完走してほしいです。

夜鳥夏彦の骨董喫茶2(★★★★★)

夜鳥夏彦の骨董喫茶2 (メゾン文庫)

夜鳥夏彦の骨董喫茶2 (メゾン文庫)

◼あらすじ
頼政にようやくできた友人(?)青崎玲。彼女から、急激に幸運に恵まれ始めた冠城里子のことを相談されるが…“花瓶”。夜鳥お気に入りの女性、冬海桐子の家にお泊まり!?“像”。寂れた山村で二人が挑む忌まわしき呪い“石のおはじき”。頼政の両親が亡くなる前のエピソード、優しい夢を見せる“蝋燭立て”。夜鳥の誕生日プレゼントに頼政が選んだ、『旅』へ誘う“懐中時計”―夜鳥&頼政の大人気アンティーク・オカルトミステリ、待望の第2巻登場!

◼感想
シリーズ2冊目。どの話もしんみりとした余韻があって、その中でも「負の螺旋を垣間見る」は衝撃的なラストでした。口減らしを理由に殺してしまった子供達の魂を慰める為の祭なのに、大人の身勝手な理由で負の連鎖がまだ続いているとは…。何も知らずに手伝っているあの人も気の毒だ。「火色の再会」は頼政の母が登場しますが、頼政を可愛く思ってたならきちんとそれを言葉にして向き合って欲しかったなと。
帯の「別離」が気になってましたが、最後の話で判明します。こういう世界もあるんだなと思うと切なくなるけど、夜鳥にとって頼政が大切なのは変わらない。せめて私が今まで見てきた2人にはずっと一緒にいてほしい。夜鳥が桐子さんになついてるのは桐子さんが頼政に似ているから、というのに萌えました。ぜひ続きも読みたいです。

絶対ナル孤独者5 ―液化者 The Liquidizer―(★★★★☆)

絶対ナル孤独者5 ―液化者 The Liquidizer― (電撃文庫)

絶対ナル孤独者5 ―液化者 The Liquidizer― (電撃文庫)

◼あらすじ
正体不明のルビーアイ“刺撃者”。同じルビーアイにさえ牙をむく最凶の敵と、ミノルたち“特課”、そして“組織”の三つ巴の戦いは、熾烈なものとなった。辛くも“刺撃者”を退け、組織のルビーアイ“凝結者”を捕獲したミノルだが、平穏な日常は未だ遠い。組織の重要人物、“液化者”が姿を現したのだ。「トランサーを救出したい。彼が殺されてしまう前に」彼女は“刺撃者”の情報と引き換えに、ミノルにある取引を持ちかける。ルビーアイ最強とも評される“液化者”と、“孤独者”ミノル、敵対する二人の共闘が始まる―!

◼感想
久しぶりのシリーズ5冊目。トランサーを助け出す為にミノル達に取引を持ち出す液化者、情報と引き換えに共闘することに。あくまで敵なので緊張感のある関係だけど今まで知らなかった液化者の人間らしい一面も見えてきて魅力的なキャラになってきているなと。彼女が味方だったら頼もしいことこの上ない。そしてスウ復活おめでとう!
液化者との取引によりルビーアイの本拠地も判明したので、オリヴィエの妹を助けに行くのかな?怪しい新キャラも登場してミノルを取り巻く環境はどんどん過酷になっていく。次はなるべく早く出るといいな。

絵に隠された記憶 熊沢アート心療所の謎解きカルテ(★★★★☆)

◼あらすじ
絵画療法の第一人者・熊沢が営む、熊沢アート心療所。カウンセラーを目指す院生・日向聡子は、インターンとしてやってきた。そこで出会ったのは飛行機恐怖症のサラリーマンや、ユニコーンの絵ばかり描く少女、認知症で帰宅できない老女…。さまざまな悩みを持つ人々の過去や本心を、熊沢は彼らが描いた絵から見抜いていく。しかし、聡子は自分自身の過去を探る過程で、熊沢に対してある疑念を抱き―。

◼感想
絵画療法の第一人者・熊沢が営む診療所でインターンとして手伝いをすることになった日向聡子が主人公。表紙の印象通りとても優しいお話でした。読んでいたら久しぶりに童心にかえってぬり絵がしたくなりました。患者の作品から色々なことを読み取れる熊沢先生が凄い、特にカヨさんの身元を特定した時とか。
そして幼少期の記憶があまりなく、自分の過去に不安を感じてしまう聡子。あの人がまさかね…と思っていたらやっぱり大丈夫でした、良かった。聡子の両親が過保護になっちゃうのも仕方ないか…。インターンは終了したけど聡子にはちょくちょく熊沢先生の手伝いをしてほしいな。