たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語7(★★★★☆)

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語7 (GA文庫)
◼あらすじ
武術の頂を目指す者なら誰もが憧れる修行の聖地アスコルビン自治領。その現領主『剣神』アンズは、ロイドを前にして頭を抱えていた。修行のつもりで山を割り、教えてないのに秘術も使いこなすロイドの無自覚な規格外ぶりにアンズ呆然!一体誰ならロイドに稽古をつけられるのか?もう魔王でも呼んでこい―って本当に魔王来たーっ!?神獣宿る霊山で大幅パワーアップな強化合宿編!勇気と出会いの無自覚最強ファンタジー、第7弾!!

◼感想
シリーズ7冊目。修業の聖地であるアスコルビン自治領に修業をしに行くことになったロイドたち。その裏で自分の計画の為にアスコルビン自治領を利用するユーグ、黒幕だけどロイドが関わるとお茶目キャラになっちゃいますね(笑)ロイド達の規格外の強さに振り回されるアンズが面白かったです。さすがラスダンだけあってレンゲとネキサムの癖が強い!
今回のメインヒロインはフィロでしたね、迷いも吹っ切れて新たに自分の気持ちを自覚してこれからが楽しみなキャラです。サタンの登場でまた物語が動きそうな予感、続きが待ち遠しいです。

民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき(★★★★☆)

民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき (富士見L文庫)
◼あらすじ
民俗学のフィールドワーク中に“呪われて”しまった大学院生・名鳥歩。彼の周囲では不可思議な研究室荒らしや、動物の亡骸が散らばる事件が続く。身に危険が迫った名鳥に、教授が紹介したのは“怪異喰らい”と呼ばれる謎の美青年・朽木田千影だった。常に不機嫌そうな朽木田と脳天気な名鳥のふたりは、福井のある農村の風習を手がかりに“呪い”の秘密に迫っていくのだが…。謎が明らかになる一方、「怪異喰らい」となった千影の哀しい過去を知ってしまった名鳥は―?

◼感想
フィールドワーク中に怪異によって呪われてしまった大学院生・名取歩と怪異を喰らうことのできる不思議な少年・朽木田千影が事件を調査していく。民俗学は結構好きなので面白かったです。「蛇」がキーワード、神聖な存在として崇められている時もあればその逆もしかり。今回の物語で陰湿でしつこいイメージが定着してしまいました。蛇と結婚とか拒否しても仕方ないと思うが。
時折歩を助けてくれた瑞綺がああいう結果になったのは良かったのかな、その裏で犠牲になってしまった人もいますが。千影は普段どんな生活してるんだろうか?ていうか学生?続きがあるなら読みたいです。

淫らで緋色なノロイの女王(★★★★☆)

淫らで緋色なノロイの女王 (電撃文庫)
◼あらすじ
五年ぶりの故郷の街。禊が級友から告げられたのは、奇妙な噂だった。“夕焼けの女王が還ってきた―”かつてこの街を支配し、禊たちの青春を黒く塗りつぶし、忘れられない傷を植え付けた女王・緋崎ミコ。そして囁かれる女王帰還とともに、次々と不可解な事件が起こりはじめているというのだ。ミコが帰ってくることなどありえない…。だが、禊の手で“殺した”はずの美しき女王は、再び目の前に現れ、妖しく微笑む。もう一度私を殺して、と。ノロわれた街を舞台に、女王との淫らな黒い青春ホラーが幕を明ける―。

◼感想
かつて自分が住んでいた街を支配した少女・緋崎ミコが帰還したという噂が広まる。次々と亡くなっていく同級生や後輩たち、主人公・禊は仲間と共に事件を調査していく。ヤンデレの度合いが凄すぎてドン引きレベル、禊の心に居座り続けられるなら殺されてもいいと望むミコ。そんな彼女に翻弄されながらも自分の正義の為に事件を調査していく禊。最後の呪いに抗いながらミコではなく自分を刺そうと決意した禊が男らしかった。こんなに殺伐としていても二人が初めて会話を交わした場面は微笑ましくて年相応でした。
呪いの影響によってまだまだ街に降りかかる災厄は続くみたいなので続刊はあるのかな?このヤンデレな恋模様をまた読んでみたいなとも思います。

2019年上期 好きラノ人気投票

とりあえずさらっと投票します。
毎回開催してくださって有り難うございます。


幼なじみが絶対に負けないラブコメ
【19上ラノベ投票/9784049125245】

つるぎのかなた
【19上ラノベ投票/9784049123326】

ようこそ実力至上主義の教室へ(10)
【19上ラノベ投票/9784040655062】

Infinite Dendrogram(9)
【19上ラノベ投票/9784798618609】

薬屋のひとりごと(8)
【19上ラノベ投票/9784074368846】

五条雪彦の新説な美術史 諸説あります。
【19上ラノベ投票/9784040729886】

ロクでなし魔術講師と禁忌教典(14)
【19上ラノベ投票/9784040727240】

女王の化粧師
【19上ラノベ投票/9784047355231】

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる
【19上ラノベ投票/9784040730462】

ラストラウンド・アーサーズ(3)
【19上ラノベ投票/9784040731803】

蟲愛づる姫君の婚姻(★★★★☆)

蟲愛づる姫君の婚姻 (小学館文庫キャラブン!)
◼あらすじ
この世には“蠱毒”というものがある。壺に百の毒蟲を入れて殺し合わせ、最後の一匹が猛毒の“蠱”となる。それを古来“蠱術”といい、操る術者を“蠱師”と呼ぶ。大陸でもっとも強大な斎帝国の第十七皇女・李玲琳は、周囲からひそかに「毒の姫」とあだ名される風変わりな姫だ。最愛の姉である女帝・彩蘭の指示で、隣国魁の王・楊鍠牙のもとへ嫁ぐが、結婚生活は前途多難。まず玲琳が蟲を偏愛する蠱師と判明し、魁国の者たちはドン引き。さらに鍠牙の命が何者かに狙われている―という噂が立つと、毒殺犯容疑をかけられた玲琳の立場は危ういものに…。

◼感想
宮野節全開の変人揃いのお話だった。どのキャラも色々な方向へ歪んでいて、変人扱いされていた主人公・玲琳が途中から少しまともに見えてしまった(笑)結婚相手である鍠牙もなかなか腹の中をみせない相手だが最後はすっかり玲琳の毒に侵されていると思う。「そろそろそれ以上をしてみる?」「もう少し育ってもらっていいか?」の会話が微笑ましい。
玲琳は癖のあるキャラだけど自分が蠱師であることに誇りを持っていて、その信念に忠実に行動しているところが鍠牙にとっては眩しく見えたのかな。彩蘭の愛情の形がなんとも分かりにくい…! まだラブ要素が少ないので是非続きが読みたいです。

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (★★★★☆)

葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王 (角川スニーカー文庫)
◼あらすじ
様々な種族がひしめき合い、“葡萄”のように国が乱立する大陸の小国ランタン。流浪の少年メルは、多言語を話せる特技ゆえに、豹人族の姫シャルネの教育係に抜擢される。己の奔放な振る舞いにも常に優しいメルに、徐々に惹かれていくシャルネ。そんな折、大国との政略結婚を控えた彼女は相手の王を怒らせ、婚姻は最悪の形で破談に。二国間の緊張が高まる中、次期ランタン王に任命されたのは、なんとメル!?王として彼が取った起死回生の策は“シャルネと結婚し、豹人族の協力を取り付ける”というものだった!言葉を操り、人を繋げ、敗戦必至の大戦に挑む。弱小王国の下克上ファンタジー、ここに開幕!スニーカー大賞金賞。

◼感想
正に王道ファンタジーといったところ、読みやすくてキャラクター達にも好感が持てる。多言語を話せる流浪の少年・メルが豹人族の姫・シャルネの家庭教師となり、最終的には小国の王にまで成り上がっていく。全ては国を守ることに命をかけたランタン王の言う通りだった、策士で熱い男といういかにも人気が出そうなキャラだけに途中退場が悔やまれる。
無邪気で逞しいシャルネは素直に可愛らしい、特にメルと結婚できることに喜ぶところとか。脇を固めるキリンやギンも頼もしいので今後メルの支えになってくれるでしょう。綺麗にまとまってますが、メルのランタン王としての様子をもう少し見てみたいです。

今昔百鬼拾遺 天狗(★★★★☆)

今昔百鬼拾遺 天狗 (新潮文庫)
◼あらすじ
昭和二十九年八月、是枝美智栄は高尾山中で消息を絶った。約二箇月後、群馬県迦葉山で女性の遺体が発見される。遺体は何故か美智栄の衣服をまとっていた。この謎に旧弊な家に苦しめられてきた天津敏子の悲恋が重なり合い―。『稀譚月報』記者・中禅寺敦子が、篠村美弥子、呉美由紀とともに女性たちの失踪と死の連鎖に挑む。天狗、自らの傲慢を省みぬ者よ。憤怒と哀切が交錯するミステリ。

◼感想
中禅寺敦子と呉美由紀がコンビの三部作・天狗編。高尾山で行方不明になった友人を探している篠原美弥子と知り合いになり事件に巻き込まれていく美由紀達、他にも高尾山で行方不明者や遺体が発見されて事件は混迷していく。お嬢様ながらも自分の考えをしっかりと持ち、友人の為に啖呵を切る美弥子が逞しくて好感がもてます。
色々とやるせないし、腹が立つ事件だったなと。男尊女卑も同性愛も美由紀達の時代にかかわらず現代でも通じる部分があると思う。本当に巻き込まれた人が可哀相で私が思ったことはほとんど美由紀が代弁してくれました。すっきり!今後また美由紀には登場してほしいです。