地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿(★★★★☆)

地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿 (角川文庫)

地獄くらやみ花もなき 参 蛇喰らう宿 (角川文庫)

◼あらすじ
“地獄代行業”の皓と助手・青児は、不可解な過去の通り魔殺人を調べるため奥飛騨の旅館へ向かう。紅葉燃ゆる山宿で2人を迎えたのは、闇に蠢く蛇と、前夜に急死した女将の亡骸だった。時を経て再び起こった不審な死。“蛇の祟り”が仄めかされるが、皓が見抜く本当の罪人と、悲しき動機とは…。そして事件の終わりと共に、皓と青児を引き裂く新たな地獄が幕を開ける!美しき少年探偵とペット扱い助手の事件簿、第3弾。

◼感想
シリーズ3冊目。棘の双子の兄・荊の登場により益々過酷な状況になっていく。第一怪の牛鬼と濡れ女のお話は誰一人として救われないまま終わってしまったのが悲しかった。青児が少しでも皓の役に立とうと本で勉強してるのが微笑ましい。皓が途中退場しても棘のそばで手伝いをしたりなど今回の青児は頑張っていて、主従関係も段々としっかりとしたものになってきたなと。
新キャラの荊をみているとあの棘でさえ優しく思えてくる…。最後はまさかの急展開で気になるところで終了、荊の目的とは何なのか。次回が待ち遠しいです。

ディスキャラ メグルくん オタクがラップでギャルとバトったら、青春ラブコメ始まった!?(★★★★☆)

◼あらすじ
弱気でオタク。周囲の目を気にする一方でリア充を呪い、不満を「ディスノート」に書き込んで、こっそり発散。そんな陰キャ極まる俺、廻裏メグルに美少女・燦心からまさかの告白。「君に私を…ディスってほしいの!踏んでみて!(韻を)」変態な彼女の秘密を知って、「ラップ」を始めることに!なにそれ、Yoでチェケラってやつ?だけど、燦心といつも一緒に過ごすようになったおかげで学園生活に変化が起きた。オタク由来の語彙力、溜め込んだディス。意外に秘めた才能でBボーイをバトルで倒し、周りから一目置かれて、ラブコメ到来!?ラップって、もしかして学園生活最強の攻略スキル!?

◼感想
卑屈なオタクとリア充組の少女がラップを通して心を通わせていく青春ラブコメ。ラップに関しては素人なので二人の会話のリズム感が分からなかったのは残念でしたが、それでも十分面白かったです。何よりラップ大好き!な燦心が素直で優しい子、榁姫との確執も燦心的には悪気はなかったしね。最後の告白を鈍感スキルで思いっきり勘違いするメグルが憐れ。
燦心と喧嘩中の榁姫も素直になれないだけでラップ対決で本音でぶつかりあう二人は正に親友でした。事の始まりの原因であるディスノートに関しても正直に打ち明けられてひと安心、さらっと許しちゃう燦心は心が広い。綺麗にまとまってますがメグルたちのその後も読んでみたいです。

幼なじみが絶対に負けないラブコメ(★★★★★)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

◼あらすじ
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。…でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる!普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!?俺の初恋だったのに…。失意に沈む俺に黒羽が囁く―そんなに辛いなら、復讐しよう?最高の復讐をしてあげようよ―と。

◼感想
幼馴染好きとして買わねばと思った1冊。凄く面白かった、幼馴染の大勝利!というわけではないけど末晴に対して一途な黒羽が可愛かった。末晴の想い人である白草もクールなようでいて、デレた時の可愛さが凄まじい。全ては末晴の過去に繋がっていて、白草との幼い頃の思い出も、乗り越えるべき母親との辛い別れもきちんと受け止めて前へ進む末晴は成長しているなと。
復讐はきっちり完了したものの3人ともダメージ受けているのが笑える。ある意味阿部先輩が一番イケメンだったような…。最後にまた新たなヒロインが登場、ぜひ続きをだしてほしいです。

今昔百鬼拾遺 河童(★★★★☆)

◼あらすじ
昭和29年、夏。複雑に蛇行する夷隅川水系に、次々と奇妙な水死体が浮かんだ。3体目発見の報せを受けた科学雑誌「稀譚月報」の記者・中禅寺敦子は、薔薇十字探偵社の益田が調査中の模造宝石事件との関連を探るべく現地に向かった。第一発見者の女学生・呉美由紀、妖怪研究家・多々良勝五郎らと共に怪事件の謎に迫るが―。山奥を流れる、美しく澄んだ川で巻き起こった惨劇と悲劇の真相とは。百鬼夜行シリーズ待望の長編!

◼感想
前回の「鬼」よりも妖怪要素が多めで嬉しかった。最初のお嬢様たちの河童談義が面白い、「尻」というワードに過剰反応してるとかピュアだな…。多々良さんの手綱を管理できる敦子がすごい。不穏な模造宝石事件から始まり、遺体となって発見されていく事件の関係者たち。
欲にかられたのかもしれないし、自らの行いを反省したのかもしれない。美由紀の「どんな顔してたって心の中までは判らない」という言葉が的を射ている。でも某キャラの立場を考えれば金の為と考えるのも仕方ない、父親が最後に選択した大切なものが彼にとって唯一の救いだと思う。今回も美由紀の言葉が心に突き刺さりました、「天狗」も楽しみ。

七つの魔剣が支配するIII(★★★★☆)

◼あらすじ
オフィーリアが魔に呑まれ、ピートがその使い魔に攫われた。迷宮の深みに潜む魔女を相手に、自分たちに何が出来るのか?苦悩するオリバーらに、ある人物が取引を持ちかける。果たして彼らは、友人を取り返せるのか―。

◼感想
シリーズ3冊目。魔に呑まれたオーフィリアによって混乱する学園、さらわれたピートを助ける為にオリバー達は迷宮へ行くことに。淫魔であるが故に孤独な人生を送ってきたオーフィリア、初恋と友情を堪能できたのは束の間のことで彼女も人並みの感情を持っていたんだなと。オーフィリアの幼馴染としてカルロスが選んだ道が男前でこういうキャラがいなくなってしまうのは寂しい。
ピートが無事で良かった…!ミリガンは何気に面倒見がいいのね。最後まで綱渡りの救出劇でしたが、皆がきちんと帰ってこれて何より。1年生編終了とのことで、あとがきがまた不穏なので退場するキャラがいないことを祈るばかりです。

ふりむけばそこにいる 奇譚蒐集家 小泉八雲 罪を喰らうもの(★★★★☆)

◼あらすじ
親族に疎まれ失意のまま辺境の神学校に編入したオーランドは、この世の怪を蒐める不思議な少年と出会う。のちに日本で『怪談』を著したラフカディオ・ハーン――小泉八雲が英国で過ごしたまばゆい青春と友情の記録。日に日に恐るべき速さで成長する子どもが彼らのもとをおとずれる奇譚「名もなき残響」、姿を消した黒猫と死を呼ぶ青い蝶を巡る「Heavenly Blue Butterfly」、他一編。

◼感想
シリーズ2冊目。短編のようでいて最後の「罪を喰らうもの」で伏線が回収され、読み進めるほどに面白さが加速していった。オーランドとパトリックのぎこちないながらも友情を深めていく過程が微笑ましい、パトリックの家に2人で行ったエピソードもぜひ読みたい。
黒猫の話はジェマの想いがロビン達に届いて良かったなと。最後の話は本来の自分や大事な人達さえも奪われたアンソニーの悲痛な叫びが聞こえてきそうで胸が締め付けられた。アンソニーのハロルドに対する想いも、ユージンのアンソニーに対する想いも素敵なものだと思う。厄介な怪異も登場したので続きもあるのかな…?

14歳とイラストレーター7(★★★★☆)

◼あらすじ
「せんせ、あたしとVチューバーやろ?返事はYESだけ♪」イラストレーターを目指す乃ノ香の好敵手になるかと思いきや、海老名水織は謎の行動に出る。バ美肉ってなんだ―と首をかしげる悠斗だった。一方、倉山錦は会社が倒産!?白砂は連絡途絶なマリィの自宅を訪ね、そこである重大事に気付き!?さらに、ナスに忍び寄る新たな影が…悠斗は今度こそ、彼女の恋人を演じきれるのか!?超過密日程なのに意外と遊んでて大丈夫なのか!?希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常を大公開な、第7弾!

◼感想
シリーズ7冊目。今回は水織メインでしたが、白砂とマリィやナスのエピソードも挟みつつで安定した面白さでした。個人的に「バ美肉」という言葉が初聞きでした、悠コが地味に可愛い。水織の誘惑にも揺れずにあくまでイラストレーターとして接する悠斗の真面目さが好きです。生意気なようでいてたまに弱さもみせる水織の可愛らしい部分もみれて満足。ハーレム要員がまた一人増えましたね、モミジみたいな子は好きになれないな…。
最後の様子からすると乃ノ花はスランプみたいですが、次回挽回してくれるといいな。ナスのストーカーホイホイは相手の勝手な勘違いにより終了。今回も仕事で忙しい上に周囲の人間の問題に首を突っ込んでいる悠斗の身体が心配です。次回も楽しみです。