派遣社員あすみの家計簿(★★★★☆)

派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫)
■あらすじ
社長を自称していた恋人の理空也に騙され、会社を“寿退社”してしまった藤本あすみ。理空也は姿を消し、残ったのは高額なカードの支払いだった。ピンチに陥ったあすみは親友の仁子に説教され、家計簿をつけることに。派遣会社に登録したものの、なかなか仕事は決まらない。シャンプー配りや工場の日雇いと必死の節約で食いつなぎ、ようやく派遣先を得たあすみ。そんな折、合コンで出会った商社マンの八城からアプローチを受けるが、理空也への思いを断ち切れずにいて…。家計簿には、生き様が表れる!?人生に迷子中のアラサー女子の節約サバイバル小説。

■感想
普通に将来のことを考えてたら簡単に仕事を辞めるなんて出来ない、それでも結婚で有頂天になってたら仕方ないのかもしれない。年齢が近いだけに共感する部分が多いお話でした。節約するならもやしにたまご、カップラーメンではなく袋のインスタントラーメンを買うべし。参考になる情報もあって興味深い。
過酷な生活をしている内にあすみが段々と逞しくなっていくのが嬉しい。大変だけどそれを通して新たに出会った仲間やさらに深まった友情もあって物語の良いスパイスになっている。あすみの元彼はただのダメ男だ…。しかし給料が25万が基準のあすみの価値観からすると私の会社はダメダメです、正社員なんだけどな…。

アキトはカードを引くようです(★★★★☆)

■あらすじ
女神が人類に与えたカードの力で全てが決まる時代―労働者・高槻アキトは、いつの日か世界の覇権を争うカードマスターの一人として、世界中の強力なバトルカードを手に戦う途方もない野望を抱いていた。そして迎えた人生を賭けた運命の“重労働ガチャ”―大量のガチャチケットと共に人生の夢も希望も溶けていく極限の運試しの末、アキトは一枚のカードを引き当てる。「いやっほう、マスター!私こそは、金銭特化秘書にして、秘書カードの中の秘書カード!キャロルちゃんでーす☆」ここに、世界中の強者達を震撼させる、とあるカードジャンキーと強欲な秘書による最強のバトルアクションが幕を開ける!

■感想
女神から与えられたカードの力で生活をしている世界が舞台。カードバトルというとやっぱり遊戯王が真っ先にちらつきます。秘書カード・キャロルを相棒に主人公・アキトはカードバトルに身を投じていく。キャロルもだけどロメオも癖が強いキャラ、それを使いこなして弱いと思われていた奴が逆転する展開はスカッとする。
対戦に敗れたカードは今までの記憶がリセットされる、というのは仕方ないにしても何だか寂しい設定。キャロルも1年限定だし。メリッサ・ナツメという仲間も加わりアキトのストーリーは動き出したばかり、これから更に面白くなることを期待したいと思います。

やさしい魔女の救いかた(★★★★☆)

■あらすじ
魔法が当たり前に存在する現代世界。ごく少数だけいる魔法使い―魔女は古来より人々の悩みを魔法で解決していた。ある日、いつも六法全書を小脇に抱えている法律マニアの男子高校生の四方司は、魔法を悪用した疑いで魔女裁判にかけられそうになった見習い魔女から助けを求められるが―。今も昔も魔女裁判で無罪になった魔女は存在しない。これは、ルールは人を幸せにすると信じる少年が、魔法は人を幸せにすると信じる少女を救う物語。

■感想
優しい魔女とルールを信じる少年が100%有罪になる魔女裁判に立ち向かう。個人的には後半になるにつれて面白さが加速していくように感じた。魔法は人を幸せにできると信じるティナが何故魔女裁判にかけられなければいけないのか、司の「あなたたち魔女は、なんのために魔法を使う?」という問いかけが多くの魔女の心を揺さぶったと思う。
ティナの魔法に対して突っかかってくる夜月、夜月が過去にやってしまったことはすごくデリケートな問題で判断が難しい。最後は3人で仲良くしていたのでこのままのんびりと学校生活をエンジョイしてほしい。とても優しい物語でした。

異世界サバイバル ~クラスから追放されたけど、スキルの力で生き延びる~(★★★☆☆)

■あらすじ
動物好きの高校生、仁飼睦樹は突然クラスメイトと共に異世界の密林に転移してしまう。生徒たちにはまるでゲームのような『スキル』が与えられており、危険なモンスターを撃退できるスキル持ちは皆から頼られていた。だが睦樹のスキルは「動物の言葉がわかる」というだけの微妙な能力だったため、周囲からは馬鹿にされ、生徒の集団からも追放されてしまう。ピンチに陥る睦樹だったが、実はこのスキルがとても役に立つことが判明し―!?チート級のスキルを武器に、異世界でのサバイバルが始まる!

■感想
突然異世界に飛ばされ、生き残る為に危険なモンスターと対峙することになった睦樹たち。容赦なく人が死んでいき、下衆な奴は最終的に罰を受けるという王道展開。「動物の言葉がわかる」という睦樹のスキルは無能なようでいて使い方次第では優秀、機転をきかせて様々なピンチを切り抜けていく。
でも何の目的があっていきなり睦樹たちが異世界に飛ばされたかは不明でモヤッとする。最後はピンチを乗り越えて終了、というわけでもなくなかなか過酷な世界観。無事に元の世界に戻ってほしいけど主催者側にその気はなさそう…。

王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪(★★★★☆)

王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)
◼あらすじ
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求める彼女に、したたかな国王はとある条件を提示するのだが…。謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れ、突然襲い掛かってきて…!?凄まじい力を振るう二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する―!常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!!

◼感想
シリーズ2冊目。研究の為に公爵邸を出たり、魔法同好会を立ち上げるなどレティシエルにとって快適な環境が整っていく。しかし時々思い出すドロッセルとしての記憶はなんか不穏。そして子供の姿ながらも精霊王の二人に気に入られたレティシエル、二人の目的である「黒い霧」の調査とやらも今後の展開の伏線 なんだろうな。
最後のあれは公爵達が馬鹿すぎて話にならない、第二皇子は優秀そうで最初からこっちを後継にすれば良かったのに。クリスタも昔は姉さん大好きな子だったのか…、何とか関係が修復してくれるといいけど。長女が余計なお節介をしそうな展開、公爵に負けず劣らず馬鹿そう…。

平安あかしあやかし陰陽師 三 から紅の都と最後の大祓 (★★★★☆)

平安あかしあやかし陰陽師 三 から紅の都と最後の大祓 (富士見L文庫)
◼あらすじ
陰陽師たちが畏れる男・賀茂光栄。彼は年齢不詳の美青年で、安倍晴明の師でもある。幼なじみの歌人・藤原為頼や晴明とともに都に平穏を取り戻したものの、次なるあやしき影はすでに“在原業平”を名乗る法師陰陽師としてうごめいていた。光栄は、後の世に三大怨霊と呼ばれる“早良親王”へと手を伸ばす“業平”の企みに気づくが、為頼と天皇の妃・中宮も思いがけない事件に巻き込まれていき…?晴明の歴史に隠れた師匠・光栄の、語られなかった平安秘伝第3弾、これより開宴―!

◼感想
シリーズ3冊目。心優しい為頼と光栄の会話は相変わらず和む、為頼の光栄への賛美も好きです。今回は三大怨霊である早良親王を使って悪巧みを画策する敵と対峙することに。かつての同僚と思いがけない悲しい再会をしたり、まさかのあの人とお出掛けをしたりときっちりと巻き込まれながらも本来の真面目さと優しさを発揮して光栄を精神的にサポートする為頼、本当に良いコンビだなと思います。
凛々しくてお茶目な安子は最後まで魅力的な女性でした、為頼とのコンビも良かった。安子が亡くなったことで益々光栄は政治的なことからは遠ざかりそう、為頼や弟子達が傍にいるなら上手くやるでしょうが。大好きなシリーズですが一段落したので終わりかな?まだまだ為頼と光栄をみていたいです。

スレイヤーズ17 遥かなる帰路(★★★★☆)

スレイヤーズ17 遥かなる帰路 (ファンタジア文庫)
◼あらすじ
「―え。」ひょんな出来事から一転、気がつくと見知らぬ町にいたリナとガウリイ。あたりを見渡せば、見たことがない文字、使ったこともない通貨、あきらかに自分たちとは違う文化様式―。動揺しつつも、経験と推理から導き出した結論は、「…ここ、魔族の結界の『外』の世界よ…」衝撃の事実!?だがしかし、立ち止まっていても意味は無し!ふたりは故郷に帰る道を探しはじめる。その先には、新たな出会いとやっぱりやっかいな脅威が待ち受けているわけで―リナとガウリイの、新たな、長い冒険の旅が始まる!

◼感想
新章スタート。右も左も分からない外の世界に来てしまったリナ達、魔術が発達していない世界で周囲から危険視されながらも何とか元の世界へ帰る方法を探すことに。相変わらずのリナ&ガウリィになんか安心する。外の世界にとばされたことに少なからず不安になるリナだがガウリィがいれば大丈夫だよね、「おまえがいっしょに~」の言葉にときめくリナが可愛い。
新キャラのランは有能だけどなんかガウリィに似ているような(笑)真神教が今後の敵になっていくのかな。アニメから入った私としてはゼルやアメリアが所々でちらついてしまった、望み薄ですが。とりあえず新章が始まったことが嬉しい、ある程度進んだらアニメ化してほしい。