悪役令嬢の継母に転生したので娘を幸せにします、力尽くで。

■感想

侯爵家の後妻として嫁ぐことになったセレーネは乙女ゲームの悪役令嬢の義母に転生していたことに気づく。義娘を悪役令嬢にしない為に愛情を注ごうと決意するが···。

ヒロイン・セレーネの世界の中心は常にアティで、彼女の愛情に段々と心を許していくのが微笑ましい。逆に旦那の侯爵にはドライであからさまなのが面白かった、でも終盤の展開からして真面目な人みたいなのでちょっとずつ歩み寄っていくといいですね。

セレーネが勇ましくてヒーローも兼任してたよね(笑)ゲームのヒーローであるエリックや闇を抱えていた某キャラの心も掻っ攫ってしまうとは。ゲームのヒロインは未登場なので、どんな展開になっていくか楽しみです。