僕が答える君の謎解き 明神凛音は間違えない (★★★★☆)

■あらすじ
生徒相談室の引きこもり少女・明神凛音は真実しか解らない。どんな事件の犯人でもまるで神様の啓示を受けたかのように解ってしまう彼女は、無意識下で推理を行うため、真実に至ることができた論理が解らないのだった。伊呂波透矢は凛音を教室に復帰させるため、「彼女の推理」を推理する!『継母の連れ子が元カノだった』の紙城境介が紡ぐ新たなる勝負作!

■感想
真実が解ってもそれに至るまでの論理が解らない探偵とその論理を突き止めようとする主人公の学園ミステリ。出会った当初はまったく息の合わなかったコンビが段々と気持ちを通わせていき、終盤で二人が手を握り合うまでいくのが感慨深い。
結末は全体的にビターテイスト。特に3話目はガツンとやられた感じ、先生のやったことが果たして正解なのか。金宮のキャラ嫌いだし、松田先輩が早く立ち直ってくれるといいな。主人公・透矢が推定無罪にこだわる理由が後に明かされるがそれが思った以上に強烈。いつかは先生に一泡ふかせてほしいものです。