転生幼女は王宮専属の定食屋さん!~転生チートで腹ペコなモフモフ赤ちゃん達に愛情ご飯を作りますっ~

■感想

7歳の転生少女が食文化が発達していない異世界で料理で無双していくお話。食べることは生きること、というメッセージが伝わってくるようなお話でした。ヴィオラが作った料理で周囲が幸せになっていくほんわかとした雰囲気が温かくて良かったです。食べたら病気も治るとかチート過ぎる···。

ヴィオラがしっかり者で忘れがちですがまだ7歳、そんな頑張り屋の彼女を国王・シルヴェスターを始めとする大人達がきちんと見守っていて優しい世界でした。ノンストレスで優しいお話が読みたい方はぜひ。

探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。

■感想

ミステリ好きの平凡な男子高校生・福寄幸太は自称名探偵の推川理耶から助手に指名されしまい···。

他の方が仰っているように全体的に某作品と似ているように感じました。ただどのヒロインも厨二病感全開の設定で、誰がメインヒロインでもおかしくないようなインパクトと魅力があリました。

理耶の突拍子もない推理を幸太がきちんとフォローする2人の関係性が微笑ましかったです。平凡なようでいて特別な立ち位置にいる幸太の能力も気になりますね。このまま皆で学校生活を平和に楽しんでほしいなとも思います。

 

転生したらラスボス系悪女だった!

■感想

乙女ゲームのラスボス悪女である公爵夫人ディアーナに転生してしまった主人公は娘の恋人の勇者に倒されないように旦那と娘との関係改善に励むが···。

転生しているとはいえ結婚もして子供もいる夫婦がこんな学生みたいな焦れったい関係なのが大変萌えました。ディアーナがサバサバした性格なのでサクッと読みやすいし、女性の胸に挟まれたい欲望を押し出しているのにウケました(笑)

夫婦関係が冷戦中だったのにも関わらず少しずつ歩み寄っていく2人に嬉しそうにする娘のラヴィアーナが健気。捻くれてもおかしくないのに素直な優しい子に育ってさすがヒロインなだけある。全体を通して満足な1冊でした。

八彩国の後宮物語 ~退屈仙皇帝と本好き姫~

■感想

本が大好きな黒の国の姫・鈴華は8国の姫が集う仙皇帝妃選びの後宮に行くことになるが···。

何らかの為に本を読むのではなく、ただ単に本を読んで知識を得ることが好きな鈴華の嫌味のない真っ直ぐなキャラクターが良い味出してました。ライバルであるはずの他国の姫君とも手を取るようになるのが定番ながらほっこりする展開。スカーレット様男前やな。

そしてマオとレンジュという2大ヒーローのどちらに傾くのか、個人的にはレンジュ推し。皇帝の正体がバレた時の鈴華の反応が気になります。

最強出戻り中年冒険者は、いまさら命なんてかけたくない

■感想

解散した世界最高峰の冒険者集団「アリババ40人隊」に所属していたジョンマンは故郷に帰り、残りの余生をのんびりと生きるはずが騒動に巻き込まれてしまい···。

戦いに疲れた中年男性・ジョンマンは強さも金も得たはずなのに、自分より弱い兄や幼馴染が結婚して子供がいることを羨む。それとは逆に自分より下に見ていた弟・幼馴染が自分よりずっと強くなっていることを知って悔しがる。皆がないものねだりをしていて、その中で弟子を育てることに希望を感じたジョンマンがきちんと自分の次の道を見つけてくれて良かったです。

コエモもオーシオも嫌味のない真っ直ぐなヒロインで応援したくなりました。

 

公爵家の三男が征く己の正道譚2

■感想

シリーズ2冊目、今回はまるまる1冊ワイルボード侯爵との戦争編。寡黙でミステリアスな執事・クレマンが因縁の相手と対峙したり、ロキの規格外な能力が発動したり、戦争の終結がまさかのアーノルドの暴走だったりと各キャラの見せ場がきちんとあって読み応えのある1冊でした。

分かってたことだけどダンケルノ側強過ぎ···。いつもは冷静なアーノルドがクレマンに対して感情的になっていたのが新鮮で良き、たまにでいいので弱音を吐いてほしい。個人的に推しキャラのコルドーもアーノルドに忠誠を誓ったので、いつかクレマンの心も掴んで欲しいです。

 

~死亡フラグは力でへし折れ!~ エロゲの悪役に転生したので、原作知識で無双していたらハーレムになっていました

■感想

やりこんでいた美少女ゲームの世界に、剣の才能もスキルも皆無な悪役貴族・タイタンとして転生してしまう。死亡ルートを回避する為に努力し続けるが···。

表紙からしてサクッとハーレムルートになるかと思いきや、家族からも能無しの烙印を押された主人公・タイタンがひたすら努力して逆境を乗り越えていくなかなか骨太なストーリーになっていて良い意味で驚きました。

たとえ王女・シアン相手でも自分を曲げずに意見するタイタンに影響されて、シアンも少しずつ自分の甘さから成長していくのがグッド。個人的にはフルル先生推し、その抱擁力でタイタンを見守ってほしい。早く小憎たらしい家族にざまぁしているところも読みたいですね。