探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる(★★★★☆)

探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる【電子特典付き】 (MF文庫J)
■あらすじ
入学早々、俺は失敗した。親の仕事が探偵だと口走ってしまったせいで、クラスメートから相談が持ち込まれるようになったのだ。絶版した推理小説の犯人当て、美術部で振るわれたナイフの謎、面倒なことになったと頭を抱える俺に―「それさ、そもそも事件じゃないね~」「多面的な考え方も取り入れたらどう?戸村くん」山田姉妹は平常運転、鋭い推理でスパッと解決していく。最初は気に食わなかったけど、本気で推理する彼女たちは今では尊敬対象だ。…が、話すときの距離、近すぎない!?熱くなるのは分かるけどたまに狙ってるよね!?山田さんと少し甘い、本格派学園ミステリーラブコメ。第15回スニーカー大賞“大賞”受賞作家作品。

■感想
親の仕事が探偵だと自己紹介で言ってしまい、クラスメートから相談が持ち込まれるように。ぼっちだった和は隣の席の山田姉妹と推理していく内に親交を深めていく。読みやすい学園ミステリ、という感じでサクッと読了。個人的には二話の「史上最簿殺人事件」がお気に入り。雪見ミステリー文庫というワードに懐しさを感じ、あれだけの情報でよくあそこまで推理できるなと感心しました。
後三原さんが愛くるしい(笑)「ボクはお前たちのファンだからな」という言葉でノックダウンしたよ。雨音も思った以上にシスコンで可愛かった。またこの3人の続きが読みたいです。

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで2(★★★★☆)

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで2 (角川スニーカー文庫)
■あらすじ
爽やかな汗の対価は……美味い飯と美女のご褒美! 魔王軍指揮官としてクロムウェルが次に着手するのは改革! 奇抜なアイデアと実力で、ゴブリンたちの信頼も集めて魔王軍食糧問題も解決!? さらにはセリスとの関係も急接近してきて……!

■感想
シリーズ2冊目。魔王軍指揮官としての次の仕事は美食の街・デリシアの改革。ボーウィッドとの約束を果たすためでもあるが、畑仕事に牧場での動物の世話・漁師の仕事など結構エンジョイしてないかい?特にゴブ太達との会話が愉快でした。
クロの秘書として貫禄がついてきたセリス、デレの部分が急上昇していてニヤニヤしてしまった。酒に酔って本心を言ってしまうところとか、キスしそうになったところを見られてギーに弱味を握られるところとか非常に可愛いです。人間サイドはクロがいなくなった喪失からなんとかレックスやマリアが立ち上がってくれて良かった、でもクロとの再会はちょっと怖い。 続きも楽しみです。

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い3 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する(★★★★☆)

最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い3 無能を演じるSSランク皇子は皇位継承戦を影から支配する (角川スニーカー文庫)
■あらすじ
外交でも完璧に暗躍し、弟・レオナルトの評価を高めた出涸らし皇子・アルノルト。安堵も束の間、次は皇族最強の将軍・第一皇女リーゼの縁談を取り持つよう皇帝に命じられる。一方、流民の村で起きる人攫いの解決を命じられたレオナルト。しかし、調査の最中に帝国を揺るがす異常事態が発生し!?帝国とその民の危機を前に、獅子奮迅の活躍を見せるレオ。その成長と決意を目の当たりにしたアルは――「未来の皇帝が俺に本気を見せてみろと言った。その返礼はせねばならんだろう」弟を助け、帝国を護る為、出涸らし皇子は戦場で暗躍する! 最強皇子による縦横無尽の暗躍ファンタジー、決意の第三幕!

■感想
シリーズ3冊目。今回は第一皇女・リーゼの縁談と流民の村で起きる人攫いをレオナルトが調査するのがメイン。リーゼの縁談相手であるユルゲンは武闘はイマイチだが商才はあってリーゼ一筋の好青年。愛は重いけど自然と応援したくなるキャラでした。拒否してるもののリーゼもユルゲンのことは一目おいているようで良い夫婦になりそうな予感。
そしていつもは優しい青年というイメージの強いレオが死と隣りあわせの戦場で荒々しく粘り強い新たな強さも手に入れて着実に王として必要な要素も手にいれてます。そんな彼らの活躍の裏でザンドラ親子は悪巧み中でシャオメイという一筋縄ではいかなそうなキャラも登場して今後が不安、クリスタが危ない…!

これは経費で落ちません!7 ~ 経理部の森若さん ~(★★★★☆)

これは経費で落ちません! 7 ~ 経理部の森若さん ~ (集英社オレンジ文庫)
■あらすじ
会社合併を控え、異例の若さでの主任昇進を打診された沙名子の悩みはつきない。給料は大して増えないのに、責任が増えると思うと憂鬱になる。女性活用を推進したい会社の方針で、優秀だからではなく女性だからという理由の昇進なのだろう。結婚や出産することは会社に迷惑をかけることになるのか。合併予定の会社のひとつ、トナカイ化粧品でほぼひとりで経理を担ってきた槙野という童顔の男と経理システムについての調整作業をする中で、彼のつけている腕時計がトナカイ化粧品の給料からするとずいぶん高級な物だと気づいた沙名子は、詮索してしまう自分を戒めるが……?同期入社の入浴剤開発者・鏡美月の結婚式も行われ、沙名子と太陽の関係にも重大な変化が!?大人気シリーズ第7巻!

■感想
シリーズ7冊目。会社合併により異例の若さで主任昇進を打診された沙名子、確かに得することがないのに責任だけ重くなるとか勘弁してほしいよね。由香利さんが幸せになってくれて良かった。何もかも背負いこもうとする槙野さんにお疲れ様といいたい、ぜひ森若さん達と働いてほしい。
そしてまさかの太陽の異動、普段はクールなだけに年相応に感情的になった森若さんが新鮮でした。仕事はできるのにプライベートが問題ありまくりな勇さん、森若さんがあれだけ心配してくれてるんだから少しは冷静になってあげて。森若さんにアプローチする新キャラも気になるところ。続きも楽しみに待ってます。

あなたを諦めきれない元許嫁じゃダメですか?(★★★★☆)

あなたを諦めきれない元許嫁じゃダメですか? (角川スニーカー文庫)
■あらすじ
ただの幼馴染だった城木翼と天海七渡。親同士に決められた「許嫁」宣言をきっかけにお互いが気になり、甘~いラブコメが始まるかと思いきや……七渡の引越で離れ離れになっていた!しかし5年後の春――進学した高校で、二人は再会する。翼は変わらない想いを七渡に伝えようとするが、その隣にいたのは、七渡の中学の同級生にして容姿抜群なギャル・地葉麗奈!お互い“七渡のことが好き”と知った翼と麗奈は「彼に告白させた方が勝ち」というルールを決めるが――恋愛知識も経験も乏しい少女たちの恋仕掛け(アプローチ)は、初々しくて悶絶必至!?イチャかわヒロインレース、許嫁は今度こそ報われるのか!

■感想
引っ越しして離ればなれになった幼馴染、中学からの同級生で容姿抜群なギャルのWヒロインによる三角関係ラブコメ。どちらも主人公・七渡に対しては一途で健気、3人の視点でストーリーが進んでいくのでメインキャラの心情も分かりやすい。翼も麗奈も積極的にアプローチしてますが、七渡が重視しているのは友情関係。自分が誰かと付き合うことで今の楽しい関係が壊れるのが怖くて前へ進めないというジレンマ。
個人的には幼馴染好きなので翼推しかな。でもどのキャラが一番好きかと聞かれたらしばゆー。最後になって七渡は翼への恋心を自覚しましたが、意外な伏兵がいたのでまだどう転ぶか分からないですね。

吸血鬼は僕のために姉になる(★★★★☆)

吸血鬼は僕のために姉になる (ダッシュエックス文庫)
■あらすじ
丘の上の屋敷には、盲目の吸血鬼が住んでいる。そういう噂を聞いたのは、僕がとても小さな頃だ。唯一の肉親であった祖父を喪った僕は、件の女性、霧雨セナに引き取られた。彼女の正体は噂通りの吸血鬼。ただし、性格は心配性でおせっかいの姉といった感じで、おまけに物理的な距離が常に近い。そんな彼女のまわりには、一つ目の怪物、犬の郵便屋など、多種多様な生き物が溢れていて、それらが視える僕には特別な力が宿っているらしい。未知の世界で新しい家族――吸血鬼・セナをはじめとする人外の存在と絆を深めるラブコメディ。

■感想
天涯孤独となった少年が吸血鬼の女性の元で人外の存在に触れながら絆を深めていくお話。頑張って姉になろうとするセナが微笑ましい。日向は幻想種の存在に戸惑いながらも友人の心音や佐伯が直面した問題、幻想管理人であった曾祖父のことを知っていく内に成長していく。特に佐伯とのエピソードは心にグッときました。別れと同時に新たな出会いが救いだと思いたい。
終盤の日向とセナの吸血シーンはイラストも相俟って背徳的。セナの「きっと、恋をしているように近い距離になるからかもね」が好きです。二人にはこのまま姉弟でいてほしいような一歩進んだ関係にもなってほしいような。 その後の二人もみてみたいです。

竜と祭礼2 ―伝承する魔女―(★★★★☆)

竜と祭礼2 ―伝承する魔女― (GA文庫)

■あらすじ
王都の護りの要「杖壁」が何者かに解かれた。魔法杖職人見習いであるイクスは、姉弟子のラユマタに半ば押し付けられるかたちでその犯人の調査に臨むことになる。調査の協力者は、竜の杖を持つユーイと同級生のノバ。わずかな手がかりをもとに調査を進めていくうちに、3人はとある村にたどりつく。その村で自らの出生を知るイクス。「善い」杖を携え、生き方に迷うユーイ。そして、村外れの森に住むという不死の魔女。各者の思惑が交錯するなか、村の収穫祭で明かされる真実とは…。竜が消えても、物語は続く。竜の魔法が残されたこの世界で―。杖職人たちの物語、待望の第2弾。

■感想
姉弟子・ラユマタの命令により王都の守護の要である「杖壁」製作に携わったマリという人物を調べることに。今回は「魔女」がキーワード。忌み嫌われている「魔女」の正体とは一体何なのか。その秘密が明かされていく内にイクスの出生についても判明していく。エピローグにしんみり、継承した彼女の今後に幸あれ。
ユーイの周辺は色々な思惑が交錯していて最後の展開には「え!?」と思ってしまった。あとがきによると続きもあるみたいなので早く二人には再会してほしい。ノバは友達思いの優しい子でした、ユーイの味方でいてほしい。オットーにきちんと居場所があって良かった。続きも楽しみです。