ひきこまり吸血姫の悶々4(★★★★☆)

ひきこまり吸血姫の悶々4 (GA文庫)

ひきこまり吸血姫の悶々4 (GA文庫)

■あらすじ
六国全土を巻き込んだ「六国大戦」も終結し、コマリは平穏な時を取り戻す……ことはなかった!六国大戦で盟友となった
天照楽土のアマツ・カルラに招待されて、外交使節として遙か東方に赴くことに。そこで待ち受けていたのは、予想もしない大事件だった!ひきこまり美少女が遙か遠くの国で大活躍!?ひきこもりたいのに、ひきこもれない。コマリの明日はどっちだ!?

■感想
シリーズ4冊目。今回は前回登場したカルラがメイン。天照楽土で次期大神を決める騒動に巻き込まれたコマリ。コマリと同じく戦闘はからっきしでお菓子作りが好きなカルラ。大神になりたくなくて逃げてばかりだった彼女が、自分の想いと決意を吐露した討論会の場面は胸が熱くなりました。マイペースなズタズタスキーが良い味出してる。
カルラの烈核解放はチートだけど副作用があるなら使いどころが難しそう。カルラには自分の好きなことも、大神としての役目も無理せずにやっていってほしいです。今回も覚醒後のコマリさんカッコいい、覚醒時の自分のことも少し自覚している様子。逆さ月とどう決着をつけるのか、今後の展開に期待。

蟲愛づる姫君の永遠(★★★★☆)

■あらすじ
無自覚に夫を翻弄する蟲大好き姫・玲琳にどこまでも振り回される魁国の王・鍠牙。彼はただひたすら妻を愛しているつもりなのだが、その後宮を構成する数少ない女性陣は、諸事情により全員が全員、キャラと背負ったバックグラウンドが濃すぎて(正妃含む)、鍠牙本人の意志とはまるで関係ないところで日々、大変ややこしく人間関係がこじれていくのだった。そんなある日、飛国の第二王子・榮覇が、花嫁を探しに魁国を訪れる。本来ならば鍠牙の妹姫たちを候補に入れて訪問したはずの榮覇だったが、蠱師である玲琳をひどく気に入り、夫の鍠牙と離婚させてでも自分の国に連れ帰ると言い出す。鍠牙は当然激怒するが、肝心の玲琳が榮覇のことを面白がってしまい、悶々とする夫をしりめに自ら彼に攫われ、飛国へと旅立ってしまった。ところが、鍠牙の差し向けた追っ手をかわしつつ旅をしている途中で、榮覇は突然苦しみ始め、意識を失ってしまう。そして次に目覚めたとき、彼は触れるものをすべてを殺してしまう「毒の塊」に成り果てていた。何者かの蠱毒による攻撃と気づいた玲琳は、榮覇の受けた蠱術を解除しようとするが……? シリーズ第5弾!

■感想
シリーズ5冊目。玲琳も大概だけど鍠牙も十分狂っていると実感した回でした。新キャラの飛国の王子・榮覇もクセ者で、蠱毒を受けた彼を助けるために玲琳は実の祖母と対峙することになる。おしとやかになった玲琳の違和感が半端ない(笑)やっぱり玲琳はいつも通りの方が面白い。
榮覇が命を懸けて守りたいものは予想通り、いっそのこと駆け落ちでもしてしまえばいいと思う。玲琳が次の里長になることで良い方向に変わっていくといいですね。乾坤の葉歌への想いにときめいた、まともなキャラいた…!玲琳と鍠牙の関係も一区切りついて一件落着。

ナゾトキ女とモノカキ男。 未来を写すカメラと人体消失(★★★★☆)

■あらすじ
未十士早來は怪物だ。あらゆる道を極め、そのどれもがプロ級の腕前でありながら、彼女はそれをただの趣味だと言う。いつしか付いたあだ名が“史上最強のアマチュア”。そんな彼女の最近の趣味―謎解きに毎回付き合わされる僕はといえば、作家を夢見るだけのただの凡人。だけど彼女との共通点もある。それは“超理具”と呼ばれる不思議な道具を所持しているということ。未十士は「未来を写すカメラ」を、そして僕は「時を巻き戻す時計」を持っている。“超理具”の謎を追う僕らはやがて学園で起きた、巷を騒がす都市伝説「人体消失事件」に巻き込まれていき…!?学園青春“不条理”系ミステリー!

■感想
ハイスペックヒロイン・未十士早來と小説家を目指す主人公・壱時が学園で起きた「人体消失事件」の謎に迫っていく。 普通の学園ミステリではなく「超理具」と呼ばれるアイテムが登場する為、どこかSFチック。ほのぼの系かと思いきやストーリーが進むにつれて段々とシリアスになっていく。消える=「死」なわけだからさらっと流してるけど結構な犠牲者がいるはず。
黒幕の自分本意な考え方が完全にイカれてる、もうこのまま一生消えればいいんじゃないかな。ラストの未十士のほのかな恋のエピソードとの温度差が激しすぎる(笑)双葉の時や未十士の時など誰かのために一生懸命になれる主人公ってカッコいい!、と改めて思いました。

2020年下期「好きラノ」

毎回開催ありがとうございます。
今回もさらっと10作品投票させていただきます。

■ライアー・ライアー(5) 嘘つき転校生は運命の幼なじみに試されています。 久追遥希 【20下ラノベ投票/9784040648101】
ユニークなゲーム設定と主人公の男前っぷりが魅力的

■探偵くんと鋭い山田さん(2) 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる 玩具堂 【20下ラノベ投票/9784040646633】
安心して楽しめる青春+謎解きの傑作

涼宮ハルヒの直観 谷川流 【20下ラノベ投票/9784041107928】
久しぶりのハルヒはミステリ色強めで読みごたえ有

ひきこまり吸血姫の悶々3 (GA文庫)

ひきこまり吸血姫の悶々3 (GA文庫)

■ひきこまり吸血姫の悶々(3) 小林湖底 【20下ラノベ投票/9784815607432】
ヘタレでもいざというときは格好いいスーパーヒロイン・こまりに一票

異世界落語 7 (ヒーロー文庫)

異世界落語 7 (ヒーロー文庫)

異世界落語(7) 朱雀新吾【20下ラノベ投票/9784074450152】
アヤメのヤンデレ化と一福の最後のキレ具合が清々しくてお気に入り

■亡びの国の征服者(2) ~魔王は世界を征服するようです~ 不手折家 【20下ラノベ投票/9784865547436】
段々と広がっていく世界観、これからの展開に期待


■家政夫くんは名探偵! ~春の終わりの洗濯と選択 楠谷佑 【20下ラノベ投票/9784839973414】
友人のような兄弟のような、微妙な関係だけどお互いが必要なのは確実

■友人キャラは大変ですか?(10) 伊達康 【20下ラノベ投票/9784094518702】
満足の大団円、最後まで楽しませてくれてありがとう!

■ホラー女優が天才子役に転生しました ~今度こそハリウッドを目指します!~ 鉄箱 【20下ラノベ投票/9784094518634】
成長が楽しみな主人公、自分の仕事に誇りを持っている人って凄い

■准教授・高槻彰良の推察(5) 生者は語り死者は踊る 澤村御影【20下ラノベ投票/9784041092651】
少しずつ開いていく異界の扉、主人公には先生を支えてほしい

公女殿下の家庭教師7 先導の聖女と北方決戦(★★★★☆)

■あらすじ
東都から始まった動乱が王国全土への広がりを見せる中、北都の教え子たちも帝国との決戦に備えていた。抜群の精度で天候を予測するティナと、桁外れの事務能力を発揮するエリー。二人の妹に劣等感を覚えるステラだが、家庭教師の教えを思い出すことで、ハワードを導く存在へと変わっていき―!?一方、戦火が広がっていく東都で兄・アレンが遺してくれた大樹を支え続けている妹のカレン。二百年前の『古き誓約』を果たし、兄を救うため、グリフォンに乗って西都へと向かい始め!?教え子たちが無自覚規格外な家庭教師を救うために奮闘する魔法革命ファンタジー。動乱の終結に向け、物語は加速する!

■感想
シリーズ7冊目。アレンを慕うヒロイン達が彼の言葉を胸に自分ができることをやっていく中でリディヤの精神は相変わらず不安定。それに引き換え戦闘力はなくとも冴え渡る頭脳で戦況を支えているのがフェリシア、彼女の精神力の強さがすごい。ヒロインズの中でもダークホース的存在かも。
そして今巻で一番活躍していたのが表紙のステラ。ティナ達の活躍っぷりに劣等感を抱きつつも次期当主として一皮剥けたところを見せてくれました。本当に正統派ヒロインといった感じです。動乱の終息に向けて次巻も見逃せません。

隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた(3) (★★★★☆)

■あらすじ
「言いなり券」騒動を巡る期末試験も終わり、待望の夏休みに突入!…したのだが、「隣の席」というアドバンテージを失った唯李は、悠己をどうやって遊びに誘うか悩んでいた。一方の悠己は、慶太郎の妹・小夜と知り合うが、小夜が唯李の話を聞いた途端、様子が変わって…。プールに花火大会…夏休みイベント満載のなかで、二人の距離が急速に縮まる!?ネット発必笑ラブコメ、二人の関係がもどかしい第三弾!内容の大幅加筆に加え、書き下ろし短編「ラッキーボーイ」を収録。

■感想
シリーズ3冊目。夏休みに突入し、悠巳をどうやって遊びに誘うか悩む唯李。そこに慶太郎やその妹の小夜、唯李の姉も加わって結局ドタバタとした夏休みを過ごすことに。速水兄妹の互いが大切ですれ違ってしまう関係がもどかしいけど好きです、格好悪くても小夜にとっては大事なお兄ちゃんだと思うよ!
花火大会では唯李と悠巳の距離が縮んで良い雰囲気に。今の二人の関係が好きですが、恋人になってもあまり変わらないのかな?ただ悠巳と遊びたかった、と独白する慶太郎の友情エンドも良かった。次巻も楽しみです。

今年もお世話になりました

今年もあと数時間で終了ということで、あっという間の一年間でした。
今年は本は読んでも感想をかく気力がなかなかなくて更新速度が週一から週二程度になってしまったのが残念です。そのかわりたくさんの感想サイトさんと読書メーターさんを参考に本を買っております、感謝。
ストレスがたまりやすく、気圧に敏感で体調不良になり、漢方薬にお世話になりました。苦いのが難点だけど心強い身体の味方です。コロナにはなりませんでしたが、体調管理には気をつけていきたいと思います。
2020年はコロナで激動の一年でしたが、それでも読書・食事が自分の心の支えであることに変わりはありませんでした。来年も面白い本とたくさん巡り会えたらな、と思います。皆様も良いお年をお過ごしください。